Mori-Ôgai-Gedenkstätte Berlin / ベルリン森鷗外記念館・ベアーテ・ヴォンデ

Theater und Politik – Rimini Protokoll 演劇・政治・ユーモア ドイツのパフォーマンス集団 〈リミニ・プロトコル〉の最新の動向

Waseda Universität Tokio 10. November 2009

Vortrag Rimini Protokoll

ベアーデ・ヴォンデ先生講演会
「演劇・政治・ユーモア・・・ —ドイツのパフォーマンス集団
〈リミニ・プロトコル〉の最新の動向—」
────────────────────────────────────
主催:演劇博物館グローバルCOE西洋演劇研究コース
日時:2009年11月10日(火) 16:30〜18:30
会場:早稲田キャンパス26号館(大隈タワー)地下 多目的講義室

講師:ベアーデ・ヴォンデ氏
(ベルリン・フンボルト大学日本学科付属森鴎外記念館副館長)

※日本語による講演【無料、事前予約不要】

[内容]
「日常のエキスパート」として素人を活用し、演劇の常識を次々と打ち破る、ドイツの人気パフォーマンス集団〈リミニ・プロトコル〉。その作品ではしばしば、リアルタイムで展開する政治と結びついたテーマがユーモラスに取り扱われます。来日公演では、昨年の『ムネモパーク』、今年の『カール・マルクス:資本論、第一巻』が大反響を呼び、まもなく『Cargo Tokyo-Yokohama』が続きます。さてこのリミニ・プロトコル、そもそもこれまでどのような作品を発表し、どのように受けとめられてきたのでしょうか? そしてこの集団の最新の動向は? 本講演では、リミニ・プロトコルの作品をつぶさに追ってこられたヴォンデ氏に、豊富な映像資料をまじえ歴史的な
背景も視野に入れた最新の作品群の分析を通じ、日本とドイツの観衆それぞれの反応の違いにも触れながら、現地の観察者ならではの目で詳しくお話していただきます。

http://www.enpaku.jp/event/host/event20091110.html


Vorträge《関連記事》

Mit der Nutzung unserer Dienste sowie dem Klicken des „OK“ Buttons erklären Sie sich damit einverstanden, dass wir Cookies setzen und verwenden. Weiterlesen …